株式会社 360°

From TAKAOKA vol.1

富山県高岡市は、奈良、飛鳥と並ぶ万葉の故地です。奈良時代に万葉歌人、大伴家持が越中国守として赴任。二上山、雨晴海岸など、家持が詠いあげ賛美した風景は、今も四季折々に美しい表情を見せてくれます。
万葉色など風雅な万葉文化、そして長い歴史の中で培われ、磨かれてきた美意識が、今も脈々と息づく高岡は、工芸の町としても知られ、約400年の伝統を誇ります。前田利長が1609年に高岡を開町。産業振興のため、その2年後に7人の鋳物師を呼び寄せました。当初は鉄で日用品をつくっていましたが、しだいに仏具などの銅器が造られ、多くの名工が多彩な技法を生み出していきました。

1/2 Next →

360°inc

Copyright(C) 2008 360°Inc. All right reserved.